エンディングノート

「介謹が必要になった時のために、保険に入っておかなきゃね」
「家族に気をつかうから、介護は施設で面倒みてもらいたいわ」
「やっぱり病院じゃなくて、家の布団の上で死にたいね」
「私がガンになったら、隠さないで教えてちょうだいね」
「お葬式には、好きなお花をたくさん飾って欲しいな」
「私が死んでも、お葬式はいらないし、お墓もいらないからね」

一昔前、こうした話題は、「縁起がよくない」「触れたくない」こととして、
家庭での話題にはあまり出てくることはありませんでした。

また気になっていても、
「先のことだから」「その時になったら考えれば」「家族にまかせる」と、
考えるのを先延ばししているのがほとんどだったでしょう。

しかし、こうした状態になった時は、本人が決断したり、考えたりすることはできません。
一方家族は、決断をせまられ、プレッシャーを感じ、迷ってしまうことがほとんどです。

そんな時、本人の希望がわかっていれば、家族も安心して、よりよい決断をしていくことができます。
本人としても、前もって希望を言っておけば、望まないかたちでの介護や葬儀をされてしまうことはありません。
だからこそ健康なうちに、元気なうちに、いろいろなケースについて考え、家族と話し合っておくことが大切なのです。

人間は必ず歳をとり、身体も頭も衰えていきます。
そして最後には、死を迎えることになります。

こうしたプロセスを後悔の無いように過ごすためには、
衰えていくことから目をそらすのではなく、正面で
受けとめると同時に、考えたり話し合ったりすることを
楽しむくらいの気持ちでいたいものです。

自分の人生を振り返り、向き合ってみませんか?人生の道のりを再確認すると同時に、ご家族に「こんな人生を歩んできたんだ」ということを伝えたいと思いませんか?プレゼントをご希望の方はメール又は電話にて受け付けております。
かんたん資料請求
tel:047-423-5100
かんたん資料請求
tel:047-423-5100